相談人の争いを回避

税理士に相談姿勢によって相続人たちも感情を入れる余地はないと受け止めることが出来るようになり、冷静な姿勢で相続と向きあうことが出来ます。他の相続人も、他の人たちがしっかり相続のことを理解しないで欲望に任せたまま言いたいことを言っているだけだという思いより、主張しなければ損をしてしまうという思いに走り、戦闘態勢になってしまうのかもしれません。

税理士に相談することで冷静な話し合いをする場所がここに提供されることになるでしょう。 当たり前のことなのかもしれませんが、誰も正確に法律・相続の制度を把握してないのです。 そして税理士という第三者がいてくれることで、言った言わないの水かけ論になるリスクも回避することが出来ます。つまり税理士は相撲の行司のような役目もここでしっかり果たしていることになるのです。

話し合いと言う場において相続人たちが集まっても相続財産の正確な価値が判断出来ないという場合もあります。相続人がしっかり向きあったとしても、何をどう話ししていいか判らないというケースも多くあります。税理士という法律のプロフェッショナルは、相続税に対してどのような向きあい方をすれば良いかその手順を教えてくれる人です。

参照サイト⇒ソレイユ相続相談室 – 相続相談