骨肉の争いが起こる

相続に対して、誰が、どのくらいの相続を受ける権利があるのか、相続に対してどのような向きあい方をすれば良いのか、そしてどう進めて行けばいいのか……、相続人が集まったところで相続のイロハ自体が判ってないケースも多く見受けられます。まずは人数が集まればなんとかなると思っているのではないでしょうか。相続はおそらくそのようなケースに当てはめることが出来せん。

相続人が訳も判らず集まってしまうから、他の相続人に多くの相続を取られてはまずいと感情をついむきだしにしてしまうだけです。感情のぶつけ合いをしても、まともな答えなんてよけい見付けられるはずはありませんよね。そのような相続の話し合いが現在でもいろいろな場所で行われているのではないでしょうか。

故人がなくなってしまったからこそ、兄弟は今まで以上しっかりタッグを組み、将来を仲良く生きていかなければならないですし、それが故人の何よりも願いではないでしょうか。相続のトラブルで延々と骨肉の争いが繰り広げられて結果、今後まともに会いたくない関係になってしまうかもしれません。それは実際に現実に起こっている事実なのです。兄弟が争いたくないからという理由で税理士に相談しようという姿勢も間違いではありません。

相談人の争いを回避

税理士に相談姿勢によって相続人たちも感情を入れる余地はないと受け止めることが出来るようになり、冷静な姿勢で相続と向きあうことが出来ます。他の相続人も、他の人たちがしっかり相続のことを理解しないで欲望に任せたまま言いたいことを言っているだけだという思いより、主張しなければ損をしてしまうという思いに走り、戦闘態勢になってしまうのかもしれません。

税理士に相談することで冷静な話し合いをする場所がここに提供されることになるでしょう。 当たり前のことなのかもしれませんが、誰も正確に法律・相続の制度を把握してないのです。 そして税理士という第三者がいてくれることで、言った言わないの水かけ論になるリスクも回避することが出来ます。つまり税理士は相撲の行司のような役目もここでしっかり果たしていることになるのです。

話し合いと言う場において相続人たちが集まっても相続財産の正確な価値が判断出来ないという場合もあります。相続人がしっかり向きあったとしても、何をどう話ししていいか判らないというケースも多くあります。税理士という法律のプロフェッショナルは、相続税に対してどのような向きあい方をすれば良いかその手順を教えてくれる人です。

参照サイト⇒ソレイユ相続相談室 – 相続相談

本当に自分で出来る?

税理士に相談することで得ることが出来るメリットについて考えてみましょう。相続申告は多くの人たちがやっぱり難しいと言います。相続税の申告が相当なストレスとなってしまうでしょう。そんなストレスから回避したいと思うのなら最初から税理士に相談しようというモチベーションが正しいはずです。

そして相続税の申告しなければならない頃ってまだ大切な人を失って精神も動揺している頃かもしれません。そのような時に、相続税の問題を多くの人たちが片付けていかなければならないのです。もっとしっかり勉強をすれば相続の問題もどうにかなることかもしれませんが、やっぱり多くが時間がないと考えてしまうのではないでしょうか。だからここで一番手っ取り早い方法として税理士に相談するという選択肢があります。

そもそも相続という問題は、決して一人で片付けることが出来る問題ではなく、他にも相続人があり相続人同士のトラブルも決して避けることが出来ないとも言われています。故人がまだ元気でいた頃にはみんな仲の良かった兄弟も、相続の問題で骨肉の争いを起こすというのは非常によく聞く話しです。実は、税理士に相談することで兄弟が骨肉の争いをすることからも回避することが出来るようになります。

相続相談を税理士に

みなさんは相続相談をしようという気持ちをお持ちでしょうか。相続程度自身で出来るという思いこみがそもそも間違いの原因であるかもしれません。税理士に相談するモチベーションこそが面倒くさいと感じることがあるようですが、本当にそうでしょうか。税理士に相談する姿勢がないからあとあともっと面倒くさいことになってしまうかもしれません。

その時あなた自身で税務署に相続税の申告書を提出することになります。税務署は、3割の人たちに対して税務調査の指摘をすると言います。つまり、あなたが税の申告書を書いて3割に該当しなければ追徴課税されるリスクからも回避出来てしまうのです。3割という数字を相当多い数と捉えるべきではないでしょうか。しかし、7割の人たちはスムーズに申告を終了出来ているのです。

そのような人たちはそもそも最初から税理士に相談しようという姿勢を持っていた人たちなのかもしれませんが、そこの違いは、単に税務署の人たちに怪しいと思われるか否かの違いとも言われています。つまり実際に相続税の申告が間違っていたとしても、3割に該当しなければ税務調査は家へ来ません。

実際に3割の人たちが税務調査を受けて、85%の人たちが追徴課税の指摘を受けると言います。3割に該当してしまえば、ほとんどアウトと考えて良いでしょう。そのような税務署に怪しいと思われない申告書を果たして自身で書くことが出来るかということです。やっぱり最初から税理士依頼という考えが正しいのではないでしょうか。