相続相談を税理士に

みなさんは相続相談をしようという気持ちをお持ちでしょうか。相続程度自身で出来るという思いこみがそもそも間違いの原因であるかもしれません。税理士に相談するモチベーションこそが面倒くさいと感じることがあるようですが、本当にそうでしょうか。税理士に相談する姿勢がないからあとあともっと面倒くさいことになってしまうかもしれません。

その時あなた自身で税務署に相続税の申告書を提出することになります。税務署は、3割の人たちに対して税務調査の指摘をすると言います。つまり、あなたが税の申告書を書いて3割に該当しなければ追徴課税されるリスクからも回避出来てしまうのです。3割という数字を相当多い数と捉えるべきではないでしょうか。しかし、7割の人たちはスムーズに申告を終了出来ているのです。

そのような人たちはそもそも最初から税理士に相談しようという姿勢を持っていた人たちなのかもしれませんが、そこの違いは、単に税務署の人たちに怪しいと思われるか否かの違いとも言われています。つまり実際に相続税の申告が間違っていたとしても、3割に該当しなければ税務調査は家へ来ません。

実際に3割の人たちが税務調査を受けて、85%の人たちが追徴課税の指摘を受けると言います。3割に該当してしまえば、ほとんどアウトと考えて良いでしょう。そのような税務署に怪しいと思われない申告書を果たして自身で書くことが出来るかということです。やっぱり最初から税理士依頼という考えが正しいのではないでしょうか。